クレジットカード現金化したいなら優良業者がおすすめ

クレジットカードの返済方法についてここではみていきましょう。いくつかやり方がありますが、その中のひとつに「リボ払い」があります。正式名称は「リボルビング払い」ですが、定額で返済を支払っていく方法です。

例をあげてみましょう。クレジットカードを利用して、月額2万円でリボ払いをするとします。この場合、ショッピング枠の利用限度額まで使ったとしても、返済時には毎月2万円という形になります。

このリボ払いに支払方法を指定したら、どんなに高額商品を購入したとしても支払い時の金額は設定した月支払い額以上になることはありません。月2万円のリボ払いで設定し、20万円のショッピングをして、更に10万円のショッピングしても、月々の支払いがリボ払いで2万円であることは変わりません。

しかし、このリボ払いにもデメリットがあります。それは、いくらショッピングをしても設定額以上の返済に月々ならないという点です。利用者がわからするとこれは喜ばしいことのように見えるでしょう。

しかし、これだと際限なく買い物をしすぎても気づきずらいため、注意が必要になってきます。クレジットカードの現金化を利用して、支払い方法をリボ払いにしたい、という時にはマネープランをちゃんと立てていないと、気づいたら返済額が恐ろしく膨れ上がっていた・・・なんてことになりかねません。これがリボ払いの落とし穴です。

クレジットカードの現金化には、基本的にいくつか支払方法があります。リボ払い以外にもいくつかありますので、自分にあった方法を選択しましょう。

現金化利用するにはリボ払い、というわけではありませんから、リボ払いの仕組みを理解して、マネープランを立ててから利用しましょう。そうでない方は、リボ払いは金利が高いと言われていますのでお勧めできません。

クレジットカード現金化のメリットとデメリット

それでは、現金化を利用して分割払いで返済する方法についてみていきましょう。「リボ払い」について先ほどみていきましたが、この方法はマネープランがたてられないと月々が楽な分逆に危険な状態に陥ってしまうという内容でしたね。

それでは、「分割払い」だとどうなるのでしょうか。分割払いの場合、支払いの回数を選択することができます。だいたい1~24回までとなります。高額商品の購入の際にはたいてい分割払いか一括払い、リボ払いが選べるようになっています。

その中で分割払いは1~24回までの支払回数を選べるのが大きな特徴です。つまり、月々の支払金額は選択した回数によって変わってくるのです。

分割払いの方が一般的に得だといわれていますが、2つの支払いをしないといけなくなるため、得かどうかは人によって差が出てきます。2つ分利子を払うのは嫌だという人にとっては、分割払いはあわないでしょう。

今まで上げた「リボ払い」と「分割払い」のほかにも、「一括払い」があります。「一括払い」はそのネーミング通り、購入商品の支払いを一回で行うというものです。毎月少しづつ支払うのは嫌だという人にとっては、一括払いがあっていることでしょう。

しかし、合計金額を一括で支払えなさそうな方は、無理に一回で全部支払おうとするとこれもまた大変なことになるので注意が必要です。どの方法を利用するにしても、「自分の状況に適した方法」を選択するのが一番大切です。

リボ払いの方がいいとか、分割払いの方がお勧めだというわけではなく、マネープランに即した方法で返済を行うようにしましょう。クレジットカードのショッピング枠を現金化する場合、消費者金融みたいに他に利息は付きません。また、誰でも人に知られず借りれるのも魅力です。