悪徳クレジットカード現金化サイトに騙されないために

公開日時 登録者 zcxbnmsfdkhjコメントを残す。

クレジットカードの現金化と、キャッシングをすることは大きく異なる行為です。共通していることをあげれば、申込み後に現金が手にできるということのみになります。

しかしながら現金化業者に利用申込みをすることは、キャッシングを申込むのと似たように感じますが、実際の内容は全く異なることになります。キャッシングというのは、10万円借りたとすると、それに利息額を付与して返済を行います。

現金化は、最初は自分名義のクレジットカードがあることが大前提です。クレジットカードを改めて作成してくださいという意味ではありません。それから、現金化が可能な金額とは、お持ちのクレジットカードに付与されているショッピング枠の範囲内ということになります。

その場合、限度額の100%が現金化できるわけではありません。たとえば、ショッピング枠が10万円とします。それを使用して現金化を試みます。最初に、現金化の業者が、インターネットサイトにて指定する商品に付帯しているキャッシュバックの比率を提示しています。

10万円でキャッシュバック率が80%とすると、現金化可能なのは8万円のみで、返済額は、買い物した金額に利息を加えた額になります。ここで注意しておきたいのは、返済の元本は10万円なのです。

8万円しかキャッシュバックを受けていないから8万円と利息の返済なのではなく、現金化業者には10万円の買い物をしたことになっていますから、10万円プラス利息額の返済をしなければなりません。

ここは必ず覚えておかなくてはなりません。それでは、結局、損なのか、とお考えの方もおありでしょう。そこはご自分の事情に合わせて細かく検証が必要ですが、10万円をキャッシングしたときの返済と、10万円(この場合は8万円)の現金化の結局の返済額に関しては、同じ程度だというケースもあります。

ただし、もし今、キャッシングが不可能な状態だとしたら、どうでしょうか。比べるまでもなく、現金化業者に利用を申込まないかぎり、現金調達はどこからもできないという現実があるのです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です